角川武蔵野ミュージアムの本棚劇場に行ってみた!混雑状況やランチの場所は?

昨年から話題になっていた角川武蔵野ミュージアムの本棚劇場に行ってきた。紅白でYOASOBIがライブ会場として使ったことも有名だが、本好きの人にはたまらない空間だと思う。

5万冊もの本があり、実際に手に取って読むこともできるので、1日のんびり過ごすにはぴったりの場所である。

Shampoo
誰かと行っても、一人で行っても楽しめるお勧めスポットです!

角川武蔵野ミュージアムの場所はどこにある?

最寄駅はJR武蔵野線の東所沢駅にある。駅から10分はかからない程度の場所にある。

駅を出て正面に大きな通りがあるので、そこを右に曲がって道路沿いにずっと歩くとわかりやすいだろう。

しばらく歩くとファッションセンターしまむらが見えてくるので、そこを左側に曲がる。

しまむらから少し行くと公園があり、通り抜けるとミュージアムが見えてくる。

    

チケットの購入方法

チケットは公式のHPサイトから事前の購入が推奨されている。当日でもミュージアムの総合インフォメーションカウンターにて購入はできるようだが、値段が少し高くなってしまう。

また完全事前予約制という形で、時間も入場できる人数の枠があり、予約して申し込みをする、早めに購入をしておかないと希望の時間が埋まってしまうこともある。

当日購入はリスキーなので、やはり事前にネットで買っておくべきだと思う。1ヶ月先の日時の指定での購入が可能だ。

特に本棚劇場は人気で、土日は当日だと希望の時間に入れないことがある。私も前日に14時~15時の枠を取ろうとしたのだが、埋まってしまっており、泣く泣く別の時間に設定した。

下記サイトから予約できるようになっている。

角川武蔵野ミュージアム

アート・博物・本の複合文化ミュージアム 角川武蔵野ミュージアム…

チケットの値段

上記のサイトを見ているとチケットにはいくつか種類がある。結構値段差があるので、どれを買うべきか迷う人もいるだろう。

ざっくりまとめると、

・本棚劇場と周辺の展示を見たい人→KCMスタンダードチケット(1200円)
・マンガ、ラノベ図書館だけ見たい人→マンガ・ラノベ図書館チケット(900円)
・1階のグランドギャラリー開催の企画展だけ見たい人→企画展名チケット (2200円) ※2021年11月時では浮世絵劇場 from Parisというチケット名
・何もかも全部見たいって人→1DAYチケット(4000円) ※平日は3000円

という選択肢になる。

上記より、本棚メインの訪問の人は、値段的にもKCMスタンダードを買うのが良いのかなと思う。

1DAYチケットにすべきか一瞬迷ったが、1DAYとスタンダードチケットの差は、マンガ・ラノベ図書館と1階の企画展が見れるか見れないかである。

1DAYチケットは企画展、マンガ、ラノベ図書館を合計した料金なので、全部絶対に見たいって人以外は、スタンダードを買う、もしくは別々のチケットを組み合わせて購入するのが良いのではないだろうか。

本棚劇場はどんな場所?

ミュージアム内の4階と5階の一部が使われており、角川の書籍を中心に5万冊の本が書斎をイメージして展示されている。

     

それぞれの本は手に取って読むことができるようにもなっているので、興味のあるものは読んでみると面白い。結構これをやっているだけで1時間くらいはあっという間に過ぎてしまう。

   

また施設の中央部には、高さ8メートルの巨大本棚に囲まれた空間があり、2020年の紅白でYOASOBIがライブを行ったことでも有名だ。

またこの場所は30分ごとにプロジェクションマッピングが投影されるので、それを見るのも面白いと思う。

混雑具合は?

コロナの影響もあってそこまで人でごった返しているという状況ではなかった。ミュージアムも事前予約制で、入館時間が決まっており、一定数以上は入れないので、ゆっくりと見ることができる。

ただ、土日に訪れる場合、食事に関しては少し混雑を覚悟しておいた方が良いだろう。

私は13時くらいにお店に行ったが、30分程度は待つはめになった。

ランチを食べる場所はある?

またランチに関してだが、食事の場所はあまり期待をせずに行った方がいい。食べる場所自体が駅周辺も、現地もそんなに多くないのだ。

大型施設だしなんかあるだろうから現地で食べよう、ってマインドで行くと、ちょっと困ってしまうのではないかと思われる。

東所沢駅周辺

まず東所沢駅周辺はあまり食べる場所がない。駅ビルなどはなく、閑静な住宅街である。

ちょっと歩いたところにモスバーガーやバーミヤンなどのチェーン店があるくらいだ。

ところざわサクラタウン・ジャパンパビリオン

また、角川武蔵野ミュージアムがある、ところざわサクラタウンだが、広さの割には食べる場所が少ない。

一応、施設内にはレストランやショップなどが集中している「ジャパンパビリオン」というエリアがある。ただラーメン屋さんやスイーツがメインのカフェなどが多く、ランチを落ち着いてしっかりと食べられる場所が限られている。

ジャパンパビリオン内だと、角川食堂というレストランがあるのだが、ここもメニューが3種類程度と決して多い訳ではない。(私が行った時はカレーと、タッカルビ、ビビンバの3つだった。)

角川食堂

角川食堂は地元産の新鮮食材のおいしさをていねいに届けるまちのレストランです…

また食事ができるお店自体少ないため、混雑もしやすいので要注意である。

武蔵野ミュージアム内

それでも、ゆっくり過ごしつつ美味しいものを食べたい!という方は角川武蔵野ミュージアムの5階にあるSACULA DINERというイタリアンがお勧めである。

★★★☆☆3.21 ■あの角川が食の文化も発信する新たな͡コトビジネス ■予算(夜):¥5,000~¥5,999…

所沢産の食材を使っていることが売りで、またメニューも豊富でどれも美味しい。雰囲気もおしゃれでゆっくりと過ごすことができる。

ただその分、他のお店と比べるとお値段が少し高いので、なかなかバランスが難しいところではある。

お店に関しては今後バリエーションが増えることに期待である。

まとめ

今回はところざわサクラタウン内にある角川武蔵野ミュージアムに関してまとめてみた。家族や友達、恋人同士はもちろん、一人でのんびり過ごすこともできる場所でとても楽しい。本が好きな方はぜひ行ってみてほしい。

 

Shampoo
普段は読まないような意外な一冊を見つけられるかも!
最新情報をチェックしよう!